ストレスが精神の免疫力を育てる!
ストレスは状況に対する圧迫感から生じる心と体の緊張反応です。

ストレス反応は自律神経がコントロールし、ストレスで生じる自律神経の不均衡は、免疫システムに異常を引き起こすストレスの万病のもとに規定してきました。
しかしストレスをどのように認識するかによってストレスが体にあたえる影響が異なるという研究結果が相次ぎ、ストレスに対する新たな視点が提示されています。

芸国の健康心理学者ケリー・マクゴニガルもストレスへの対処方法を変えた研究者の一人です。
彼ははストレスと友達になることを勧めています。

8年間3万にの成人を追跡調査した米国の研究チームは、早期死亡に関する新しい見解を出しました。
健康上の問題で年齢よりも早く死を迎えるのはストレスのせいではなく、ストレスが健康に悪いという信念によるという彼らの研究報告は、マクゴニガルら専門家のストレスに対処する方法に大きな影響を与えました。

ストレスについての考えを変えれば、ストレスへのからだの反応が変わってくる、という事実を立証した別の研究は、ハーバード大学で行ったストレス反応の実験です。
研究チームは実験前に参加者たちに、ストれう反応は有益だと認識するように、事前教育を実施しました。
ストレス状況に直面すると心拍数が上昇して呼吸が速くなり、習慣的に額に汗が出ますがこれは不安反応ではなく困難に対処するために体は活力を高めていると伝えたのです。
その後ストレス状況に直面した参加者たちに予測通り一般的なケースとは異なる身体反応が現れました。

ストレスを受けると大概、心拍数が上昇し血管が縮小しますが彼らは心拍数だけが上昇し、
血管は弛緩の状態を維持したままでした。

これはうれしくなった瞬間や、勇気を出した瞬間に現れる反応にとても似ていると研究チームは説明します。
認識によって反応が変わるのが、脳と体が一つの神経に疎通するから可能なことなのです。
脳は信じた通りに反応します。
プラシーボ効果やノーシーボ効果は、完全に脳の信頼に基づいた反応です。
ストレスへの反応も脳が何を信じ、情報をどう処理するかによって体の反応が変わることがあります。
ストレスが免疫力に敏感に反応することが明らかです。

しかしストレスにどう対処するかによって、ストレスが私たちの体に与える影響も明らかに変わってきます。
ストレスが健康を脅かすというネガティブな考えを消しストレスを調節する方法に関心をむけてください。

これは私たちの体の免疫力を守るだけでなく、ストレスに負けない精神力を育てる事でもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

😀本格的に体験されたい方は、スタジオでもZoomでのオンラインでも体験できます。
1回体験1000円/1か月体験1万円です。
体験のご予約はこちらから

体験のご予約

LINEでお友達登録すると、更にお得に体験できます。
https://lin.ee/75iQF1o