(1181) 心が不安になる理由~本当の自由を手に入れよう – YouTube

 

人々が勘違いしていることがあります。

何かをつかんでいれば安全だと思い、空っぽだと不安になります。

それで何かをつかんでいなきゃと思って不安になります。

でもつかめば、手放さないといけません。

 

私たちの実体は空っぽです。

大きな虚空です。

その虚空の中に実態があります。

そこが始まりです。

空が本来の自分の姿だとわかれば、つかもうとするときに余裕ができます。

そのため心が空の人には、選択できることが多くあります。

 

車のギアがニュートラルだとバックでも4速でも自由にギアを入れ、どこにでも行けるのと同じです。

何かとつながれば安心なようですが、時間とともにだんだん不自由になります。

そして自由に動ける人を、うらやましがります。

本来私たちの生の実体は空です。

ないもないと感じる時、私たちは自由だといいます。

 

空の状態が根源の場だからです。

私たちは空っぽのところからきて、そこに戻ります。

他は全て過程にすぎません。

 

始と終

始まりと終わりは空です。

 

その始と終が本来の姿だとわかるのが知恵です。

空の状態が根源だとわかる人は、富める人です。

空だから自由です。

 

「私は空だ」

 

空っぽだから自由に近づけます。

奪われる心配がありません。

それを真空妙有といいます。

空から妙なる姿がつくられる。

という意味です。

空の状態で生じ続けます。

空の根源に中心を置き、ずっと気にかけるのです。

 

人生で起こるすべては過程で、根源ではありません。

私たちの根源、私の根源、始と終は無です。

無始無終です。

 

死んだ無ではなく動ける無です。

動ける空です。

つまり真無で、これを真空といいます。

真空一如と言うのです。

 

その状態の時、無限に想像できます。

その場に堂々と立ち、そこから心を取り出して使います。

するとどうなるでしょうか?

 

真空の場で心を使うので、いいことが頻繁に起こります。

人間関係が平和になります。

大事なのは現実です。

現実の中でどんな心で生きるのかが、死後の世界よりも大事です。

 

今、私の中心はどこか?

私の実体はどこか?

私たちはそれぞれ違いますが、実態の場はひとつです。

 

それに気づくために、呼吸と瞑想をして脳教育をするのです。

 

 

💖本格的に呼吸と瞑想を体験されたい方は、スタジオでもZoomでのオンラインでも体験できます。
1回体験1000円/1か月体験1万円です。
👉体験のご予約はこちらから

体験のご予約


👉LINEでお友達登録すると、更にお得に体験できます。
https://lin.ee/75iQF1o